もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 日記 › 「残暑お見舞い申し上げます」だけどピンとこない 2019年8月8日
2019年08月08日(木)04時45分

「残暑お見舞い申し上げます」だけどピンとこない 2019年8月8日

暦の上では、立秋だけど…。

週間天気予報を見ると、「夏真っ盛り」。

どの予報が、当たるのか知らないが、予想最高気温が、37℃となっているのもある。
Screenshot_20190808-003617.jpg

Screenshot_20190808-003640.jpg

湿度が低ければ、32℃でも、意外とラク。

でも、温度も湿度も高いとなれば、全身汗だくになる。

台風の行方も心配なんだよな。

和歌山地方気象台の観測データを見ると、2019年7月27日に、107.5mmの雨量のあと、2019年8月7日までの11日間、0.5mm以上の雨が降っていない。

菜園の夏野菜に、いくら散水しても、育ってくれない。

ミニトマト以外は。

「残暑お見舞い」より、「猛暑お見舞い」とか、「酷暑お見舞い」のほうが似合ってるような。

2018年は、9月になった途端に、涼しくなった。

とんでもない台風が襲来したけど。

2019年は、どうなるんだろうな。

1ヶ月予報を見ると、まだまだこれから?って感じがする。(リンク先は魚拓)

P8077750.jpg

災害級の大雨は要らないが、少しは降って欲しいと思う、今日この頃。

しばらくは、台風情報には、ご注意を。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。