もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 日記 › 「家族崩壊」への序章 › 「崩壊元年」 その1
2019年08月03日(土)04時45分

「崩壊元年」 その1

俺にとっての「令和」の時代は、「崩壊」の時代となりそうだ。

2019年7月某日、我が家全体の所有車が、とうとう、俺の車だけになってしまった。

家族(親)が、両親兼用の普通車を、一瞬にして、粗大ごみにしてくれた。

実は、その日、市内に住む、遠い親戚(独り暮らしの後期高齢者)も、事故った。

俺のガラホに、事故った本人から、着信があった。

「事故を起こしたからきてほしい」と。

なんで、俺に?と思ったが、独り暮らしじゃ、何もできないだろうと、駆け付けたら、本人は、救急車で病院に搬送されたと聞かされた。

事故車は、現場に放置されたまま。

こういう時って、最善の方法って、何だろう?

車内にあった車検証と、損害保険会社の証書。

イチかバチかで、損害保険会社の事故受付に電話してみた。

事情を話すと、ロードサービスを手配してくれることになり、引き取りに来てくれた。

独り暮らしが、事故って、救急車で運ばれたら、どうしようもないわな。

事故原因は、「アクセルとブレーキの踏み間違い」ではなく、「ブレーキのかけ損ない」だったようだ。

ブレーキは踏んでいたが、車間距離と、ブレーキのタイミングだろうと。

どっちにしても、加齢による、認知機能低下ってことになるんだろうな。

何年か前、法事の時に顔を合わせて以降だったから、一瞬、「あんた誰?」みたいな。

で、必要最低限のことをして、帰宅した。

一通りの出来事を、親に話したら、「高齢なのに、いつまでも運転しているから、こういうことになる。」って。

その言葉が、数時間後に、後期高齢の親に降り掛かった。

昼間、車で外出した際、買い物した一部を、車内に忘れて来たから…と、取りに行った。

過去記事にあるが、自宅前の道路は、旧660ccサイズの軽四しか通れない。

自宅から、離れた場所に、駐車場を借りている。

しばらくして、近隣住民が、訪ねてきた。

「あんた(俺)の◯◯(親の名前)さん、駐車場でぶつかったで。」と。

はぁ?

自宅(自室)に居た俺は気付かなかったが、相当な衝突音がしたらしい。

駐車場に行ってみると、近隣住民数人が、野次馬に。

誰かが、救急車を手配してくれたようで、すぐに来た。

車内に忘れて来た荷物を取りに行って、事故った?

理解不能。

事故った親は、もうひとりの親が付き添い、救急搬送。

事故の目撃者は居ないが、ドラレコが、一部始終を録画していた。

公開しないけど。

借りている駐車場の隣地との間にある、ブロック塀に、車両の左前部が、勢いよく激突って感じ。

あーあだよ。

警察の事故処理後、ロードサービスを手配し、修理工場に運んでもらった。

その後、救急搬送された病院に行ったら、事故った本人は、異常なし。

ただ、車内に忘れて来た荷物を取りに行って、車のエンジンをかけ、ブロック塀に激突したのか、記憶にないって。

こう言ってはなんだが、他人様を巻き込む事故じゃなくて良かった。

翌朝、修理工場から電話があって、「全損なので、積んでる荷物を引き取りに来てほしい。」と。

廃車手続きに、印鑑証明書と、その印鑑が必要だからと言われ、所有者名義人(である親)に、市のサービスセンターに行ってもらった。

その後、車内に忘れて来た荷物だけじゃなく、積んでいるもの全てを引き取りに行った。

今週、俺が、超多忙だったのは、事故と事故後対応。

事故った親曰く、運転免許証の返納はしないが、車の運転は、もう辞めると。

めでたしめでたし…じゃないわな。

この地域に限った話ではないが、車がないと、日常生活に支障がある。

80歳を超えても、軽トラを運転している人も居る。

運転免許証の返納が必要だとわかっていても、「クルマが壊れる(修理不能になる)まで」とか、「更新時の認知機能検査に落ちるまで」とか…。

我が家の場合、親が、親所有の乗用車を、ぶっ壊したんだから、諦めもつくだろう。

ただ、俺にとっては、悪夢だ。

家族が、出かける時、俺は、運転手となる。

これまで、毎週金曜日、午前と午後に、それぞれ、家族の送迎というのがあった。

これからは、どこに行くにも、俺が必要となる。

事前にわかっている予定なら、なんとでもなるが、「急遽」というのもあるだろう。

崩壊元年となったことだけは、事実だろう。

この記事タイトルに、「その1」とあるが、「その2」は、いつなのか、俺は知らない。

128GBのmicroSDに入っているドラレコデータ。
20190803dr.png

どれだけ、多忙だったのか、わかるような、わからないような。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにおススメの記事