もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 気になること・思うこと › 掲示板に「実名+誹謗中傷」で逮捕されるのか?
2014年11月17日(月)23時55分

掲示板に「実名+誹謗中傷」で逮捕されるのか?

意見には個人差があります…。警察批判ではありません。と前置きして、

ネット掲示板に、「実名+誹謗中傷」を書き込んで、逮捕されるのか?

こういう事件報道って、ほとんど聞かないですね。

でも、匿名掲示板に、てか匿名じゃないんですけどね。IPアドレスが残るから、ログが残ってる限り、ほぼ特定できちゃうんですね。

それを悪用した事件も、ありましたけどね。猫の首輪の…みたいな。

だから、殺人予告とかだったりすると、対応が早いのです。

そう、その匿名掲示板に、「実名+嘘」を書き込まれて困ってる知人がいます。

今の御時世、拡散されると、収拾がつかなくなる。

警察に相談しても、のらりくらり。ログが消えたら、どうやって特定するんだよ?

警察署に行って、どこの担当かわからないから、相談窓口で、被害申告すると、刑事課に回付される。

話のわかる担当さんなら、必要な情報を伝えればいいのだが、わかってもらうための説明が大変。知らないとか、わからないと言われると、大丈夫か?と思う。

人の生命・財産に危害が及ぶ時との違いが大きいよ。

個々の警察署で捜査するのではなく、本部のサイバー犯罪対策課で一元的にできればいいのにね。

で、ちょいと調べてみた。

ネット上の表現における名誉毀損の必然性

掲示板に「個人名 誹謗中傷」で逮捕できますか?

誹謗中傷・風評被害・ネット被害対策

あるわあるわ、いろんな情報が。

まさか、書かれる側にも問題があるなんて思ってないだろうな?

匿名掲示板というものの存在自体が、表現の自由だとかの大義名分にされてないだろうか?

以前、某刑事がこう言った。「実名フルネームでも、同姓同名の他人かもしれない」と。

確かにそうかもしれないが、それを言っちゃ駄目じゃん。

そういうことを平気で言うのだから、被害者はたまったもんじゃない。

名誉毀損罪や侮辱罪の量刑を上げればいいんじゃない?

なんて思ったりもする。

そうそう、個人のブログに書き込まれたコメントとかのIPアドレス等の解析って、意外と簡単にできるんだよ。

解析タグを仕込めばいいだけの話だから。

被害申告の際に、書き込み者のIPアドレスを提供ってことも可能になる。

IPアドレスだけじゃなく、スマホやガラケーだったら、機種端末までわかってしまう。

どこのサイトから流入してきたか、どういう検索ワードで来たのかとか、わかっちゃうのね。

名誉毀損罪(刑法230条)
 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず
 3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処する。
条文上、名誉毀損罪が成立するためには、次の要件を満たす必要があります。

「公然」
 不特定または多数人の認識できる状態。
 ホームページの場合等は、多数の者の閲覧が可能だから、「公然」に当たります。
 メールの場合であっても、数名の者に送信すれば、「公然」に当たるものといえます。

「事実を摘示」
 具体的に人の社会的評価を低下させるに足りる事実を告げるこという。
 ここにいう事実は、具体的なものでなければならない。

「人の名誉を毀損」
 これは人の社会的評価を害する危険性を生じさせることをいい、
 現実に社会的評価が害されたことを要しない。

 ただし、これらがそろうと全て名誉毀損になるかというと、必ずしもそうと限りません。
刑法230条の2に、公共の利害に関する場合の特例として、以下の規定もあります。

 (1)公共の利害に関する事実に係り、その目的が専ら公益を図ることになったと認める場合に、事実の真否を判断し、真実であるとの証明があったときはこれを罰しない。

 (2)前項規定の適用については、公訴が提訴されるに至ってない人の犯罪行為に関する事実は、公共の利害に関する事実とみなす。

 (3)前条第一項の行為が公務員又は公選による公務員の候補者に関する事実に係わる場合には、事実の真否を判断し、真実であることの証明であったときには、これを罰しない。

難しいですね。


関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにおススメの記事