もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 気になること・思うこと › 宅急便のドライバーって自分で荷物を積み込まないって…?
2019年07月26日(金)04時50分

宅急便のドライバーって自分で荷物を積み込まないって…?

家族に依頼されて発注した商品を、営業所留めに変更したのが、前日の午後。

過去記事にもあると思うが、発注時点で、営業所留め指定ができるネット通販は、極端に少ない。

発送完了メールに記載された、荷物の問い合わせ伝票番号を、営業所に伝えることで、留置変更ができる。

いつ発送されるかわからない荷物に、時間指定を付けると、面倒。

配達ロスをなくすには、受取人が、自分の都合に合わせて、営業所に引き取りに行けばいい。

ヤマト運輸は、そういうキャンペーンを行っている。
【期間限定】自宅以外のお受け取りでもれなくTポイントが貯まる | ヤマト運輸

Tポイントカードを持っていない俺には、無関係だが。

普段、関東発の荷物は、午後の便で、営業所に入る。

ところが、たまたま、早朝に、営業所に入ったようで、荷物追跡画面を見たら、留置変更した荷物が、「配達中」になっていた。

営業所に電話確認したところ、荷物は、行方不明で、ドライバーもわからないと言っているとの回答。

で、ドライバーに直接、電話したところ、「積み込まれていました」との回答。

「積み込まれていました」って…?

誰が積んだの?となる。

昔は、ドライバーが、その日の配達経路を考えて、荷降ろししやすいように、積み込みを行っていた。

ヤマト運輸の内情は知らないが、今というか、何年か前から、早朝の仕分けのスタッフさんが、朝の便の荷物を積み込んでいるとのこと。

つまり、留置変更の指示書を、ドライバーが見ることはなく、早朝スタッフが、見落としたために、勝手に積み込まれてしまったと。

笑えないが、笑うしかない。

その時点で、担当ドライバーが、荷物を見つけてくれていたので、営業所に戻る予定の時刻を聞いて、引き取りに行った。

勝手に積み込まれると、荷物を探すのが大変だろうな。

時代も変わったもんだ。

余談だが、この報道。
魚拓

不正アクセスされた利用者には、既に、通知が送られているとのこと。

問題なくログインできていれば、そのIDは、流出していないとのこと。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにおススメの記事