もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 菜園日記 › 梅雨が明けたら向日葵が終わった 2019年7月24日
2019年07月25日(木)04時55分

梅雨が明けたら向日葵が終わった 2019年7月24日

それにしても、おかしな気候だな。

2019年の近畿地方の梅雨入りは、6月26日ごろ。梅雨明けは、7月24日ごろ。

気象庁の速報値には、「ごろ」と記載されている。

梅雨らしい天気が続いたような気もするが、体感的には、涼しかったような気もする。

菜園の片隅にある向日葵だが、梅雨明けと同時に、終わってしまった。
P7247188.jpg

こういうのは、初めてのこと。

採種用に、枯れ始めた何本かを持ち帰った。

向日葵の周囲には、キバナコスモスがある。
P7247189.jpg

P7247190.jpg

キバナコスモスは、複数箇所に植えているが、この場所では、開花していない。

2017年の開花は、6月16日。2018年は、6月21日だった。

何かがおかしい。

これは、夏野菜にも言える。

日を改めて、別記事になる予定だが、この時期に、収穫できるの?ってものもある。

例年と変わらず収穫できているものもあるが。

栽培方法を変えているってことはないが、野菜づくりが、年々、難しくなってきていると感じる。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。