もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 日記 › 「俺のケータイ」と「我が家のネット回線」事情 › 我が家の通信回線と両親のケータイ料金 2019年7月
2019年07月17日(水)04時45分

我が家の通信回線と両親のケータイ料金 2019年7月

微妙に、カテ違いのような気もするが。

まとめても安くならない、おまとめ請求金額が確定した。(PDFを画像化し、余白を削除。)

おまとめ全体は、こうなっている。
omatome20190701.png

親A(FOMAケータイ)
omatome20190702.png

親B(らくらくスマホ)
omatome20190703.png

自宅の光回線とプロバイダ
omatome20190704.png

プロバイダ料金以外は、今は、新規加入できないプランばかりだが、この契約が、いちばんお得。

親A(FOMAケータイ)は、繰越額が全然減らない。

親B(らくらくスマホ)は、5分超過通話料が発生していないが、未だに、SMSでしか使えない知人(友人)が居るため、SMS通信料が発生している。

微妙に高いなぁと思うのは、これ。

らくらくホンから、らくらくスマホに機種変更してからの、利用データ量の推移。
201903-07rakuraku.png

らくらくスマホに機種変更して、やっと、半年が過ぎた。

使いこなせるようになることはないだろうと思う。

年齢的に無理がある。

未だに、何度も同じことを聞かれるし、回線通話と、LINEの無料通話との違いも、理解していない。

現役時代に、パソコンを使った仕事をしていれば、多少の知識はあったのかもしれないが、そうではない。

多言語入力ができるのは、スマホしかないから、他人に背中を押されて、こうなった。

機種変更から12ヶ月間の割引が極端に大きいし、端末代金が、24ヶ月で実質0円というのも魅力的だった。

らくらくスマホって、画面が小さいから、当然、表示される文字も小さい。

家族のは、約 4.5インチ。

最新のらくらくスマホは、少し大きくなったようだが。(F-01Lで、約4.7インチ)

スマホ画面を注視し続けることによる、視力低下という懸念がある。

それでなくても…。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。