もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 日記 › 「俺のケータイ」と「我が家のネット回線」事情 › ドコモガラホの請求金額 2,410円→1,276円→1,277円→1,301円?
2019年07月15日(月)04時50分

ドコモガラホの請求金額 2,410円→1,276円→1,277円→1,301円?

端末分割金が終わって、安くなった。(という過去記事はある。)

直近の請求金額の推移は、こうなっている。
201907d.png

2019年4月利用分までが、2,410円だった。

オプション変更のタイミングで、2019年5月利用分は、1,600円。

2019年6月利用分が、1,276円。

このまま続くのか?と思いきや、ユニバーサルサービス料が値上げされ、5分超過通話料が発生しなければ、2019年7月利用分は、1,277円となる。

でも、その先に、消費税増税がある。

2019年10月利用分(10月1日以降)からは、1,301円となる。

2019年10月31日に、口座から引き落とされる、2019年9月利用分の消費税は、8%で請求される。

余談だが、月々サポートがなくなったから、結局、端末代金は、値上げされたんだな。

2017年4月の購入時の明細がこれ。
201704d.png

201704s.png

端末代金が、33,696円。月々サポートが、総額14,256円だったから、実質19,440円で購入できたことになる。

でも、今は、31,104円を、一括で支払うか、24回払いor36回払い。

「P-smart ケータイ P-01J」って、まだ、販売されているんだな。

値下げどころか、大幅値上げだよな。

しかも、今、新規契約したら、端末分割金が終わっても、こんな維持費じゃ済まない。

どれだけの契約者が、値下げを実感しているのだろうか…?

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。