もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 「市堀川遊歩道」とやらを散策してきた 2019年6月19日 その2
2019年06月20日(木)04時50分

「市堀川遊歩道」とやらを散策してきた 2019年6月19日 その2

「市堀川遊歩道」とやらを散策してきた 2019年6月19日 その1の続き。

撮影地点は、この地図を参考に。(この記事画像は、全部で74枚。)
20190619遊歩道

(K)地点から(L)地点への途中
P6196019.jpg

P6196020.jpg

(L)地点
P6196021.jpg

P6196022.jpg

(M)地点。これ、方角的に見づらいな。
P6196023.jpg

P6196025.jpg

昔の階段?
P6196024.jpg

(M)地点。
P6196026.jpg

P6196027.jpg

(M)地点から(N)地点へ
P6196028.jpg

P6196029.jpg

怖っ。
P6196030.jpg

P6196031.jpg

(N)地点。
P6196032.jpg

P6196033.jpg

(O)地点。
P6196034.jpg

(O)地点から(P)地点へ。遊歩道で、最初に出会った、電気工事の人。
P6196035.jpg

(P)地点。
P6196036.jpg

P6196037.jpg

P6196038.jpg

(Q)地点
P6196039.jpg

P6196040.jpg

(Q)地点から(R)地点へ。
P6196041.jpg

P6196043.jpg

陥没?
P6196044.jpg

P6196045.jpg

河川の合流部の対岸方向
P6196046.jpg

対岸の遊歩道は分断されているように見える。
P6196047.jpg

そのまま、(P)地点へ。
P6196048.jpg

P6196049.jpg

(P)地点。だが、ゲートが閉鎖され、施錠されていた。
P6196050.jpg

P6196051.jpg

P6196052.jpg

P6196053.jpg

片方だけ閉鎖して、もう片方を開放していては、意味がない。
P6196054.jpg

(P)地点から上流方向。
P6196055.jpg

(S)地点。遊歩道の看板がないから、違うのかな?

一段、下りて、ヤバそうだったので、諦めた。
P6196058.jpg

P6196059.jpg

P6196060.jpg

P6196061.jpg

(S)地点から上流方向。
P6196062.jpg

P6196063.jpg

P6196064.jpg

「堀詰橋」の上流側。
P6196065.jpg

(T)地点にも、遊歩道の看板がない。でも、行ってみた。
P6196068.jpg

P6196069.jpg

P6196071.jpg

P6196073.jpg

「住吉橋」の手前で、行き止まり。
P6196074.jpg

この対岸。
P6196075.jpg

「住吉橋」の上流側
P6196076.jpg

「住吉橋」の下流側
P6196077.jpg

(N)地点の対岸から、(U)地点への遊歩道には行けないようだ。
P6196078.jpg

P6196079.jpg

(U)地点にも、遊歩道の看板がない。
P6196080.jpg

P6196081.jpg

P6196082.jpg

「京橋」の上流側
P6196084.jpg

「京橋」の下流側
P6196087.jpg

(V)地点。
P6196088.jpg

(V)地点から(A)地点へ。
P6196089.jpg

P6196090.jpg

P6196091.jpg

P6196092.jpg

P6196093.jpg

P6196094.jpg

P6196095.jpg

P6196096.jpg

(A)地点の対岸方向。
P6196097.jpg

「中橋」の下流側
P6196099.jpg

P6196100.jpg

実は、GPSログを取ったのだが、場所が場所だけに、正確なログは、取れなかった。
20190619log.png

結論から言うと、記事冒頭の地図のうち、青線部は、通れる。赤線部は、通れない。黃線部は、陥没注意。

「市堀川遊歩道」の地図が、どこにもない。

もしかしたら、負の遺産かもしれない。

俺が、散策している間、遊歩道には、誰も居なかった。(電気工事屋さんを除く)

平成5年11月に和歌川清流ルネッサンス21協議会が設立され…という古い資料は、インターネット上に転がっていたが、その後、どうなったのかすら、わからない。

俺自身、街ナカをウロウロする機会は、ないに等しい。(和歌山城公園も30年ぶりだった)

遊歩道の大半が、バリアフリーではない状況だから、イルミネーションイベット時に、一部の区間を使うのが、関の山かと。

ただ、行き止まりになっている箇所は、そういう表示があっても良さそうだけど。

あと、遊歩道上に置かれている、エアコンの室外機、最悪の場合、水没する危険性がある。

あくまでも、2019年6月19日現在の記事です。

駐車料金が、90分無料だったから、来れたけど、ここを目的として来ることは、最初で最後だろう。
CCI20190619.jpg

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。