報道記事を見て思うこと 2019年6月17日

2019年06月18日(火)04時55分
                 
まぁ、次から次へと、いろんなことが起きること。

この記事、話がコロコロ変わります。

こういうのを見つけた。
精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準

吹田市の事件、被疑者は、2級の精神障害者保健福祉手帳だってな。

判定基準に、間違いなければ、理解に苦しむ。

テロリストじゃないだろうけど、やってることは、テロ同然。

交番の防犯カメラは、賢くないんだ。

挙動不審な人物の動きを感知したら、内部通報される仕組みとか…。

事件が起きてから、確認するようじゃ、意味ないような。

他人のことを、どうのこうの言うつもりはないが、恐ろしい世の中になったな。

拳銃の所在地っで、わかる仕組みにできないものか?

過去に、和歌山で起きたものの報道リンク。


拳銃の所在地がわかれば、発見も早かったのでは?

GPSには、無理があるだろうけど、Wi-FiとかBluetoothとか、何らかの対策が必要だろうな。

そういえば、京都府警の…

制服の警察官も、信用できないってことだな。

ところで、高齢者に限った話ではないが、車のスピードって、制御できないの?

アクセルとブレーキの踏み間違いにしてもそうだが、現状、国内の道路(高速道路)では、新東名高速道路の一部区間で、120km/h。

一般道路での最高速度(法定速度)が、60km/h。

道路に応じてというのは、課題だろうけど、もうちょっと、車両自体が、賢くならないものか?

サポカー・サポカーS(安全運転サポート車)のWEBサイト

これだけじゃ、足りないわな。

次は、どんな事件や事故が起きるんだろうな。

関連記事
        
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。