PC用の1TB USB3.0 外付ハードディスク を… 2019年6月12日

2019年06月14日(金)04時45分
                 
2014年3月に中古で購入した外付けHDDが壊れたのが、2019年1月5日。

不便なんだよな。

壊れたHDDにあったデータは、PCにコピーできたが、PCをリカバリすることができない。

最近、俺のPCは、相当、ガタがきている。

でも、PCを買い換える予算もなければ、新品のHDDを購入する予算もない。

1TBあれば事足りるのだが、それなりのメーカーとなると、安価ではない

そこで、目をつけたのが、中古品。

前回も、中古品だった。

4年も使えりゃ、充分、元は取れている。

今回は、1TB USB3.0 外付ハードディスクを、2,460円(税込・送料込)で、発注。

充分に吟味したつもりだが、所詮、画像でしかわからない。

今、使っているノートPCは、延長保証付きの状態で、知人から無償で引き取ったもの。

気に入らないから、買い替えた際に、不用品となったのを、捨てるって言い出したから、もらってきた。

3年の延長保証も、既に、期限切れ。

リカバリしてやれば、多少の延命はできる。

それをするには、データを外に出す必要がある。

使用領域が、210GBだがら、500GBでも良かったのだが、最近、500GBの外付けは、見当たらない。

8TBなんか、俺には無用。

容量が大きくなれば、当然、価格も上昇する。

さて、どんな状態の中古品が届くのか。

楽しみだ。
----
(配信前追記)
当初、2019年6月13日配信分として記事を予約投稿していたが、他の記事と差し替えた。

2019年6月12日、発送完了メールが届いたが、佐川急便で発送したとの内容だけで、肝心の問い合わせ伝票番号が記載されていない。

今どき、こんな低レベルな、ネット通販もあるんだなと。
----
(配信前追記 2019年6月13日)
ネット通販業者に、問い合わせ伝票番号を尋ねるメールを送り、返信があった時点で、既に、荷物は、営業所に止まっていた。

いつものように、引き取りに行ってきた。

投げられたり、蹴られたりすると困るからな。

で、商品が、これ。
P6135810.jpg

P6135811.jpg

P6135812.jpg

格安な中古品とは思えない。

動作も問題ない。

これで、近日中に、PCのリカバリができる。

デジカメに貯まっている画像も、コピー(移動)できる。

2014年に、生産終了された、「HDCL-UTシリーズ | 外付けHDD | IODATA アイ・オー・データ機器」。

関連記事
        
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。