2019年の夏至は6月22日だけど…

2019年06月09日(日)04時50分
                 
和歌山(市)の日の出時刻が、いちばん早いのは、6月6日から20日までの、4時47分。

これが、北海道の根室市だと、6月9日から22日までの、3時37分。

沖縄県の那覇市だと、6月6日から14日までの、5時36分。

データ引用元:各地のこよみ (日の出入り、月の出入り、南中時、月齢) - 国立天文台暦計算室

那覇市より、もっと西側に位置する島もあったような。

でも、根室と那覇で、日の出時刻に、2時間の差がある。

当然、日の入り時刻も。

和歌山(市)の日の入り時刻が、いちばん遅いのは、6月22日から7月7日までの、19時15分。

これが、北海道の根室市だと、6月21日から7月3日までの、19時2分。

沖縄県の那覇市だと、6月27日から7月8日までの、19時26分。

根室と那覇で、日の入り時刻に、24分の差しかない。

となると、日の出から日の入りまでの時間は、那覇市より、根室市のほうが長いということになる。

だから何?という声も聞こえてきそうだが、面白いな。

関連記事
        
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。