もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 「和歌山」のニュースより › 当選後辞職 立候補を断念するという選択肢はなかったの? 2019年 和歌山市議選(追記あり)
2019年06月08日(土)04時50分

当選後辞職 立候補を断念するという選択肢はなかったの? 2019年 和歌山市議選(追記あり)

報道内容が正しければ…ということで、報道リンク。
魚拓

魚拓

魚拓

「当選の見返りに現金を寄付することを約束するメールを送った」のが、2019年1月。

立候補したら、公職選挙法違反になるから、断念することを、誰も進言しなかったのか?

2474票を獲得して、市議として活躍することなく、辞職するなら、立候補する必要がなかったということになる。

2474票が、違う候補者に、流れたのか、投票率が下がったのかは知らないが、少なくとも、メールを受け取った人の誰かが、進言して、候補者が受け入れていたら、罪に問われることもなかっただろう。

2474人の有権者が、どう感じているのか知ることはできないが、もったいないよな。

率直な感想としての話だが…。
----
(追記 2019年7月19日)
報道リンク追加
魚拓

和歌山県内ニュース 公職選挙法違反の元市議 初公判│テレビ和歌山
----
(追記 2019年8月20日)
報道リンク追加
魚拓

「懲役1年、執行猶予5年」って、珍しいな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。