もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 大雨の日ではなく大雨の2日後に道路冠水? SIC近くの県道13号下のボックスカルバート(追記あり)
2019年05月26日(日)04時45分

大雨の日ではなく大雨の2日後に道路冠水? SIC近くの県道13号下のボックスカルバート(追記あり)

大雨が降ったのは、2019年5月20日の深夜から、21日の未明。

21日の11時頃には、異状はなかった。

でも、23日に、冠水していた。

それがこれ。

原因は、大雨ではないだろう。

2019年5月25日、ボックスカルバートの両側から撮影したのが、これ。
P5254962.jpg

P5254963.jpg

P5254964.jpg

冠水していなかったが、農業用水路の水位が、路面と、ほぼ同じ。

路面の高さより水位を上げてしまうと、どこからか水が漏れて、道路冠水してしまうんだろうな。

それにしても、相変わらず、お粗末な話だ。
----
(追記)
定例記事の撮影時に、よく見ると、こうなっていた。
P5265099.jpg

P5265100.jpg

P5265101.jpg

P5265102.jpg

別々の業者が造ったから、こういうことになってしまったんだろうな。

どことどこの業者とは書かないが、こんな画像がありました。
P4240115.jpg
----
(追記 2019年6月2日)
P6025439.jpg

P6025440.jpg

P6025441.jpg

P6025442.jpg

P6025444.jpg

水路とアスファルト舗装の隙間に、シール材のようなものが。

でも、これって、根本的な解決法ではない。

造った(水路を接続した)、2018年の今頃、既に、予兆はあった。

過去記事画像
2018年5月13日
P5134008.jpg

2018年5月20日
P5204183.jpg

2018年5月27日
P5274354.jpg

2018年6月10日
P6104927.jpg

まさか、翌年に、こんなことになるとは想定外だったのかもしれないが、手抜き工事感は否めない。
----
(追記 2019年6月6日)
----
(追記 2019年6月9日)
水路の水位が、ほんの少し変わるだけで、冠水しない時もあるようだ。
P6095560.jpg

P6095561.jpg

P6095562.jpg

P6095563.jpg

P6095564.jpg
----
(追記 2019年6月16日)
P6165856.jpg

P6165857.jpg
----
(追記 2019年6月23日)
P6236197.jpg

P6236198.jpg

この手抜き工事の後始末は、どうするんだろうな…?
----
(追記 2019年6月30日)
P6306507.jpg

P6306514.jpg

農業用水路の水位が下がると、水溜りはなくなる。
----
(追記 2019年7月28日)
ボックスカルバート内の水路側に、得体の知れない板が…。
P7287234.jpg

P7287235.jpg

どうするんだろうな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。