「過日」という言葉 最古は17年前だった 2019年5月

2019年05月21日(火)04時55分
                 
過去記事で、調査依頼したものがある。

最終的な調査結果は、まだ時間がかかるということで、この記事では、どの過去記事とは書かない。

とある企業から届いたモノに、「過日の資料請求…」というような記載があった。

「過日」という言葉は、文字の如く、「過ぎ去った日」のことだが、調査の中間報告で、最古が、2002年。最新で、2009年に、それぞれ、俺が、資料請求したことになっていると、相手方は言う。

日本語って、難しいな。

ただ、俺としては、その企業に対して、資料請求した覚えがないので、経緯を調査してもらっている。

企業名は知っているが、俺には、無縁な業種。

だから、尚更、気にかかる部分がある。

2002年時点では、我が家に、インターネット回線はなかった。

ADSL12Mの回線が開通したのは、2003年10月。

2002年に、インターネット経由での資料請求という話は、俺の行為ではないということだ。

17年前の当時の状況を、可能な限り、調査してほしいと伝えたが、無理難題を突きつけているようなもの。

でも、物理的に不可能な方法だからこそ、納得できないものは、徹底的に…となるわな。

それ以前に、「17年前」や「10年前」を、「過日」と言われても、無理があるような気もする。

言葉の意味としては、間違っていないのだろうけど、ちょっとなぁと思うが。

最終結果が出たら、当該過去記事に、追記する。

関連記事
        
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。