もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 市議に当選してから考えるつもりだったって…?
2019年04月30日(火)04時50分

市議に当選してから考えるつもりだったって…?

一時は、当落線上を彷徨っていたようだが、結果的に、泡沫状態で落選した。

誰とは書かないが、何をしたかったのだろう。

最初は、コイツは誰だ?という感じだった。

選挙期間中に、自治会の上層部に聞いても、「知らんよ」という話だった。

地域が知らなくても、組織票があれば、当選することもあるし、追い風の政党で当選することもある。

でも、何だったんだろうな。

市議に当選したら、何をやりたかったのか?

候補者に近い人に尋ねたところ、「市議に当選してから考えるつもり」だったようだ。

就職活動じゃないんだから、アピールできなきゃ、意味がない。

選挙が終わって、10日近くになるが、選挙が終わってから、ぽつりぽつりと情報が入ってきた。

当選した、とある市議は、選挙前にブログを立ち上げ、何度も情報発信していた。

でも、得体の知れない落選者は、SNSを立ち上げたものの、書き込み内容は、小学生の絵日記レベル。

しかも、選挙期間中は、上から目線。

事務所の事務員は、当選したら、就職先斡旋という餌で、現職議員事務所から引き抜いてきたと。

表向き、無職の候補者が、どうやって、就職先を斡旋できるんだ?

まぁ、落選してくれて、良かったよ。

私利私欲で、市議会議員なんかになられても困る。

今更、こういうことを書いても仕方ないが、候補者のチラシを入手したかったよ。

4年後、どうするのか知らないが、日々の積み重ねがあって、その先に、目指すものがあるんじゃないかと思うよ。

文字にするのは簡単だけど、根拠となる書き込みがなければ、信用できないわな。

市議会議員って、地元が、どうのこうのって話じゃないんだよ。

当選した後に、地元の声に耳を傾けるならともかく。

和歌山市全体をどうするか?って話だよな。

根本的に間違っている。

それに気付かないと、次もないわな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。