もうすぐ50代、和歌山底辺人のブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 地域の移り変わり › 指摘を無視した結果がこれ? 高さ2.8mのボックスカルバート(追記あり)
2019年04月22日(月)04時50分

指摘を無視した結果がこれ? 高さ2.8mのボックスカルバート(追記あり)

2017年7月9日の定例記事で使った画像。

⑩付近(ボックスカルバート北側から)
P7090049.jpg

⑩付近(ボックスカルバート南側から)
P7090060.jpg

当時の工事看板に記載されていた、発注者(海草振興局建設部の担当部署)に、指摘したけど、結局、高さも即答できず、放置されたんだよな。

見た目に、高さが足りないんじゃないか?

制限標識のようなものが必要なんじゃないかと。

で、このザマですか。
P4213908.jpg

P4213909.jpg

P4213910.jpg

P4213911.jpg

P4213912.jpg

距離的に、自走するには無理がある田んぼに、耕運機を運ぶのに、トラックの荷台に積んだら、高さ2.8mのボックスカルバートだと、こうなるわな。

高さ2.8mを超える車両は、側道部を迂回することができる。

線路側の側道は、一方通行には、なっていない。

それにしても、相変わらず、お粗末だね、和歌山県発注の工事って。
----
(追記 2019年4月24日)

想定外だよ。

開通直前まで、不定期動画として撮影走行していた場所が、今頃になって…。

でも、今回の動画は、終了したリストには入れません。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。