「LNIE通話」と「回線通話」の違いを理解していないから…

2019年04月19日(金)04時45分
                 
俺の話ではなく、家族の話。
20190416rakuraku.png

過去記事にもあるが、2019年2月に、らくらくホンかららくらくスマホに契約変更した家族が居る。

2ヶ月目の請求金額が確定し、通話料が発生していることに、不満だと。

本人は、LINEで通話したと言う。

で、端末の発信履歴を確認したところ、3月に十数分間の発信(通話)履歴が残っていた。

そう、「LNIE通話」と「回線通話」の違いを認識していないから、こういうことが起きる。

年齢的に、無理がある。

後期高齢者が、ガラケーからスマホに変えると、理解できないことのほうが多い。

幸い、1,000円未満の通話料だから、結果的には、5分定額のほうが得なのだが、超過通話料が1,000円を超えるのであれば、時間制限なしの、かけ放題にすべきだろうが、本人は、もったいないと言う。

LINEアプリを立ち上げてから、相手を選んで、発信するのが、所謂、無料通話で、発着信履歴や電話帳から、電話番号に発信する場合は、5分無料で、超過分が、30秒/20円というのが、理解できないようだ。

請求書や、端末は、嘘をつかない。

スマホに変えたことを後悔し始めているようだが、俺の忠告を無視したのだから、どうしようもないわな。

ちなみに、2月利用分の請求金額は、2,032円(利用データ量:0.3GB)で、3月利用分の請求金額は、3,264円(利用データ量:0.1GB)。

おまとめ請求だから、請求確定が、16日頃。

請求内訳を、毎月、確認してやらないと…な。

関連記事
        
※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 現在の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。