もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 迷惑な話 › 【ドコモ改悪】2019年6月からの新料金プランは通話がオプションになる(追記あり)
2019年04月16日(火)04時50分

【ドコモ改悪】2019年6月からの新料金プランは通話がオプションになる(追記あり)

ドコモ151、コミュニケーターに繋がるまで、15分近くかかった。

あれだけ報道されれば、そうなるわな。
魚拓

報道発表資料 : 新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ魚拓

これまでは、「通話料金+通信料金+端末代金」だったのが、新料金プランでは、「通信料金+通話オプション+端末代金」ということになる。

新料金プランに移行するには、通信料金プランが必須となる。

俺のガラホは、特殊な契約。

月々サポートを適用させるために、ケータイパックを契約し、肝心のspモードは、非契約。

2019年4月2日の記事(通話専用端末 ドコモガラホの契約内容見直しは…)のまま継続することになるのか、新料金プランに移行できるのかを尋ねてみた。

記事冒頭にもあるように、俺の契約だと、新料金プランに移行できないとのこと。

NHKニュースでは、通話料金には、一切、触れられていない。

そこに、違和感があった。

携帯電話って、携帯できる電話機というイメージしかない。

今の端末(P-01J)が、将来、寿命を迎えたら、「5分定額プラン(1,200円)+端末代金」ということになり、月々サポートがなくなるため、毎月の維持費は、実質値上げということになる。

過去記事にもあるが、家族の携帯電話は、見事にバラバラ。

親(A)は、らくらくスマホで、カケホーダイライトプラン(スマホ/タブ)とXiベーシックパック。
親(B)は、カラケーで、FOMAタイプSS_バリューとFOMAパケット通信料[iモード等]。

俺は、ガラホで、カケホーダイライトプラン(ケータイ)フリーとXiケータイパックだが、spモード非契約。

ファミリー割引適用だが、俺だけ、別請求。

親(A)の料金プランも、月々サポート(割引適用)が終了するまで、プラン変更すべきではないと教えてくれた。

らくらくホンから、らくらくスマホに契約変更したのが、2ヶ月半前だからな。

新料金プランに移行してしまえば、旧料金プランには、戻れない。

ドコモさん曰く、2019年5月22日以降、現在の料金プランと、新料金プランとの比較ができるページが作られるとのこと。

ただ、通話専用端末を新規契約するなら、新料金プランになる前(2019年5月中)に行わなければ、確実に損をすると。

最安プランを選択した場合、現行プラン(2019年6月1日以降は旧料金プラン)だと、「カケホーダイライトプラン(ケータイ):1,200円+Xiケータイパック:300円+端末等代金分割支払金-月々サポート」となるが、
新料金プランだと、「ケータイプラン(Xi):1,200円+5分通話無料オプション:700円+端末等代金分割支払金」となる。

ドコモを見切った俺が、こういう記事を書くのも、可笑しな話だが、通話専用端末のガラホ契約があるからな。

少なくとも、我が家では、百害あって一利なしってことだ。

※記事本文中の価格は、全て税別表示です。(2019年10月12日追記分を除く)

(参考)
魚拓
----
(追記 2019年5月24日)
ドコモ新料金のシミュレーション結果に騙されないで! 2019年5月
----
(追記 2019年7月27日)
最近、やたらと出る、この広告。
201907docomo.png

もしかしたら、このブログにも表示されているかもしれない。

新料金プランに変更してしまうと、旧料金プランには、戻れない。

詐欺っぽい広告に見えるのは、俺だけかもしれないが、新料金プランに移行すると、損をすることもある。

全ての契約者が、お得になる訳ではない。

ご注意を。
----
(追記 2019年10月12日)
2019年10月11日、こういう報道があった。
魚拓

2万円程の端末は、21,384円。

端末が安くても、毎月の維持費が高いんじゃ、意味はない。

俺の場合、旧料金プランのほうが、はるかに安い。
screenshot-20191012d.png

端末料金が安くても、維持費が高いんじゃ、本末転倒となりかねない。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにおススメの記事