和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 「和歌山」のニュースより › 総事業費8,000万 アプリのインストール数は…

2019年04月03日(水)04時45分

総事業費8,000万 アプリのインストール数は…

(報道リンク)
和歌山県内ニュース バスロケーションシステムを導入│テレビ和歌山
わかやま新報 » Blog Archive » 現在地や到着情報 和歌山バスが新システム

使わないけど、インストールしてみた。

路線バスを使うことはない。徒歩圏内に、バス停もない。
Screenshot_20190402-110725.jpg

Screenshot_20190402-110554.jpg

Screenshot_20190402-110607.jpg
Screenshot_20190402-110613.jpg

Screenshot_20190402-110636.jpg

このアプリ、対応Androidバージョンは、どっちが正解なんだろう。
screenshot-20190402122408.png
Bus-Vision for 和歌山バス - Google Play のアプリ

アプリの開発だけの費用ではないが、8,000万円。

大型の液晶ディスプレイで、運行状況を確認できるのは、便利かもしれないが、このアプリを使って、バスを利用する人は、どれくらい居るのだろう。

システムの維持費だけでも、相当な金額だろうな。

半年後、1年後に、アプリのインストール数を見るのも面白いだろう。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事