和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

Top Page › 「和歌山」です › 地域の移り変わり › ヘリポートを備えた消防分署が移転して 県の出先機関が移転して という話を…

2019年03月25日(月)04時55分

ヘリポートを備えた消防分署が移転して 県の出先機関が移転して という話を…

最近、よく耳にするが、具体的な資料が出てこないって、面白い地域だ。

記事として成立するのか?という気がしなくもないが、地域の人は、どこまで具体的に知ってるのだろう。

海草振興局建設部が、和歌山南SICに隣接する土地に、高台移転する話は、過去記事にある。

施工業者も決定している。

「平成30年度 営 第37号 海草振興局建設部庁舎建築工事 和歌山市森小手穂地内」

場所は、この付近。(道路の向こう側)
P3243042.jpg

高台移転という言葉が似合うのかどうか、疑問だが。

で、ヘリポートを備えた防災拠点と消防分署(出張所?)が、移転整備されるというのが、東部コミセンや、サビセンの西側。

ついでに、コミセンやサビセンの駐車場整備も行われるという話だが、確定情報がない。

確かに、今の消防署の出張所は手狭だし、大型車両は入らない。

ここね。

平成29年12月時点の資料に、「旧清掃工場跡地を広域防災活動拠点として活用」とあるので、噂レベルとは思わないが、なかなか、形は見えてこない。
CCI20190324.jpg

地域が潤う施設じゃないからな。

必要のない施設ではないが。

スマートインターチェンジと周辺道路ができて、便利になったのかもしれないが、コンビニ以外は何もないというのがなぁ。

これから先、どうするんだろうな。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事