Top Page › 「和歌山」です › 地域の移り変わり › 長期間通行止の和田川左岸堤防道路と岡崎大橋の側道を繋げるの?

2019年03月04日(月)

長期間通行止の和田川左岸堤防道路と岡崎大橋の側道を繋げるの?

2018年7月16日の記事(工期が1年延長? 全面通行止めも? どっちの看板が正確なの? 2018年7月15日(追記あり))の関連。

どうなるの?

って井戸端会議ならぬ、付近住民の声。

知らされていないようだ。

俺も知りたいが。

2017年11月13日から、ずっと通行止になっている、和田川左岸堤防道路の石関橋から建替工事中の米田排水機場の東側の三叉路間。

2019年2月24日時点では、3箇所で封鎖されていた。(2019年3月3日も)
P2242232.jpg

P2242234.jpg

P2242233.jpg

P2242237.jpg

P2242238.jpg

P2242243.jpg

この区間の地図はこれ。
okasoku1.png

撮影場所は、この地図を参考に。
例の地図1811(道路・河川)

2019年3月3日の定例記事撮影時、岡崎大橋の側道部の路面標示(ライン)が、こうなっていた。

㊺の西側
P3032595.jpg

㊺の西側(拡大)
P3032598.jpg

㊺の西側(もっと拡大)
P3032599.jpg

側道が通れる?
P3032603.jpg

行ってみよう
P3032604.jpg

あらら…。
P3032605.jpg

⑤の東側
P3032606.jpg

岡崎大橋には、側道がある。

同じ色にしてしまったが、こういうルートが想像できる。
okasoku.png

どうなるのかは、開通日当日でないとわからない。

でも、石関橋の西側は、離合困難区間。

状況を知らずに、岡崎大橋の側道から、進入したら、なんじゃこりゃとなるだろう。

石関橋(南側)の西側の、2017年5月のストリートビュー

離合困難区間の反対側

道路幅と軽自動車の大きさで判断できるだろう。

どうするんだろうな。

注意喚起の看板でも、設置してくれれば…と思うが。

この記事は、元々、開通日の翌日以降に予定していた。

ドラレコ動画を添えて。

ところが、ふと耳にした会話から、地域住民に知らされていないことを知り、前倒し。

岡崎大橋(を含む周辺道路)の開通日の一週間前なのに?

たまたま、その住民が、知らないのかもしれないが。

どっちにしても、立派な道路と狭路を繋ぐというのは、どうなんだろう。

ちょっと古いが、こういう動画があった。

和田川堤防道路(広見橋から高野橋)左岸 2017年9月26日

関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。





モッピー!ポイ活応援ポイントサイト