Top Page › 気になること・思うこと › SNSすら使わない新人の議員候補ってどうやって知るの?

2019年02月19日(火)04時50分

SNSすら使わない新人の議員候補ってどうやって知るの?

誰とは書かないが、このままだと、泡沫候補になってしまいそうなのが居る。

政党の公認候補ならまだしも、無所属の新人って、わからないよ。

和歌山市に限っての話だが、現職議員は、既に、挨拶回りしているし、チラシの配布をしているセンセイも居る。

俺に言わせりゃ、選挙前にしか、顔を見ることのないセンセイには投票しないが。

かと言って、議員センセイと、普段の付き合いが必要とも思わない。

地域のイベントに、頻繁に顔を出してくれるセンセイなら、わからなくもないが。

「あんた誰?」という、新人は、SNSくらい作ったらどうなんよ。

Facebook、ちゃんと顔出ししたらどうなんよ?

更新されていないし。

過去記事にもあるが、現職議員のセンセイでも、使い捨てたSNSアカウントを、悪意ある第三者に取得され、自身のホームページ上に掲載されているというマヌケなセンセイも居る。

センセイ本人に教えてあげたぞ。

でも、放置したままだ。

所詮、そんなレベルなんだよ。

俺のガラホには、実質、付き合いのない複数の議員のケータイ番号がある。

選挙戦に突入したら、笑い者になるだけ。

そういえば、今期限りで引退を表明している某市議、まだ任期が残っているのに、早々と自身の議員ホームページを閲覧不可にしているのも居る。

引退するにせよ、任期満了日までは、残しておくほうが…。

それとも、何かあったのかと、勘ぐりたくなる。

和歌山県も和歌山市も、きな臭い話が、いろいろあるからなぁ。

思いっきり、話がズレたが、無所属で無名の新人議員候補者は、ブログを立ち上げるなり、SNSアカウントを取得して、情報発信しないと、落選どころか、供託金没収なんてことになりかねない。

投票率、前回(2015年)の県議選の和歌山市選挙区が、43.71%
前回(2015年)の和歌山市議会議員選挙が、42.97%

今回(2019年)からは、18歳、19歳も、投票できる。(2016年6月22日から適用)

つまり、スマホ世代の若者に、認知してもらうには、そういう手段も必要となってくる。

それにしても、和歌山市の投票率って、低いな。

2019年に、和歌山県内で行われた、直近の選挙の投票率は、こうなっている。

2月17日執行 由良町議会議員一般選挙が、78.52%
2月10日執行 美浜町長選挙が、79.24%。美浜町議会議員選挙が、79.20%。(同一URL
2月3日執行 日高町議会議員選挙が、75.49%
1月20日執行 御坊市議会議員一般選挙が、71.34%

盛り上がりに欠けるんだよな、和歌山市は。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト