Top Page › 迷惑な話 › 楽天市場の「パラディニア」って店舗に商品を発注したらAmazonから荷物が届いた(追記あり)

2019年02月09日(土)04時55分

楽天市場の「パラディニア」って店舗に商品を発注したらAmazonから荷物が届いた(追記あり)

インターネット上に、こういう記事がある。
そして、某店舗のショップレビューに、こういう記載がある。

「お店から発送のメールもなくいきなりヤマト運輸から「アマゾンから商品のお届け」のメールが来ました。何でアマゾンなんだろうと不安に思ってたらこちらの商品でした。到着は早くてとても嬉しいのですが、メールをもらえたら尚嬉しいです。」

このレビューのURLは、今は、記載しない。(ウェブ魚拓も取っている)

全てが終わったら、追記として掲載する。

冒頭の記事リンク先には、「発覚した場合…」という記載もある。

これが、事実なら、今、まさに、それと同じことが俺の身に降りかかることになる。

2019年2月8日、ヤマト運輸から、こういうメールが届いた。(未着荷物のため現時点では伝票番号は非公開)
20190208yamato.png

俺は、Amazonのアカウントは持っていない。

厳密に言えば、過去に、アカウントを持っていた時期はあるが、既に退会済み。

ブログ移転前の過去記事に、あったのだが、取捨選択で、捨ててしまったようだ。

どの記事を、取捨選択したのか、いちいち覚えていない。

どこまで解明できるだろうか?

Amazonの連絡先を、ヤマト運輸に教えてもらい、フリーダイヤルに問い合わせたところ、「荷物そのものに記載(印字)されている数字がわかれば、詳細がわかる。」とのこと。

俺は、これまでもそうだが、俺宛の荷物は、自動的に、営業所留めに変更されるようになっているのだが、荷物を引き取りに行った際、荷物を受け取らず、その場で、指定されたAmazonの連絡先に電話してほしいとのこと。

楽天市場の某店舗に発注したのに、Amazonから届く荷物についての確認をしたいらしい。

俺は、協力すると言った。

俺も、知りたいことがある。

誰が、俺の個人情報をAmazonに提供したのか?

或いは、俺の知らないところで、メールアドレスを除く、俺の個人情報を使って、アマゾンのアカウント登録が行われているのか?

ヤマト運輸からの、「宅急便お届けのお知らせ【受取りの日時や場所をご指定ください】」というメールは、クロネコメンバーズに登録しておけば、登録情報に合致した荷物がある場合に、ヤマト運輸から、自動的に送信されるもの。

楽天市場の店舗に商品を発注すると、発注完了直後に、楽天市場から、「【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)」というのが届く。

そして、店舗から、「ご注文ありがとうございます!【○○楽天市場店】」というような、受注確認メールが届く。

そして、発送前後に、「商品発送のご案内」というような、運送会社名や問い合わせ伝票番号等が記載されたメールが届く。

最近では、「受注確認メール」と「発送完了(或いは発送予定)メール」が一体化されたメールが届く店舗もある。

ところが、今回は違った。

購入履歴のページに、こういうのが確認できるリンクがある。
20190208r1.png

過去に、他店舗に発注した履歴だと、こうなっている。
20190208r2.png

店舗が、発注を確認しているのに、「受注確認メール」が、届いていない。

もちろん、「発送完了メール」も届いていない。

にも関わらず、発注していない「Amazon」からの発送に思えるメールが、ヤマト運輸から届いた。

「「Amazon」からの発送に思えるメール」というのは、Amazon側が、Amazonを騙って発送する不届き者が居ると。

この先は、現物を見ないと書けない。

Amazonのダンボールで、Amazonから発送された商品と確定できれば、それを黙認している、楽天市場に責任追及することになる。

まだ、URLを公開できないが、ショップレビューに、複数、同様の記載がある。

それを放置し、黙認し続けている以上、店舗が、俺の個人情報を、勝手にAmazonに提供していたならば、相応の対応を求めることになる。

商品到着予定は、2019年2月10日とのこと。

勝手に、配達指定日まで付けやがって。

ヤマト運輸も、ある意味、被害者だろう。

引き渡して完了となる荷物が、店頭で、ゴタゴタに巻き込まれるかもしれない。

当然、Amazonも被害者だろう。

そんなおかしな店舗に発注するなんて…と思われるかもしれないが、商品レビューは確認したが、ショップレビューは、深くは見ていない。

ただ、このような発送手法には、例外もある。のように、Amazonに、外部委託している場合。

でも、その場合だと、その旨を、発注者に伝える必要があるのではないだろうか?

少なくとも、今回の店舗のページには、そんな記載はない。

ちなみに、この店舗は、Amazonにも出店している。

Amazonと楽天市場に出店して、楽天市場に発注して、Amazonから届いたら、どうなってんだ?と思うわな。

さて、どうなることやら。
----
(追記とタイトル変更)
当初、「楽天市場の某店舗に商品を発注したらAmazonからの…というヤマト運輸からのメールが届いた 2019年2月8日」というタイトルだったが、変更した。

ヤマト運輸の営業所に荷物が到着したことを確認し、行ってきた。

受領前に、荷姿を確認し、営業所の同意を得て撮影。
P2091509.jpg

P2091510.jpg

受領をせず、伝票記載の内容を元に、Amazonに連絡。

事情説明は省略するが、「受領して、中身の確認をしてほしい。」とのことで、受領印を捺し、その場で開梱。
P2091512.jpg

P2091513.jpg

楽天市場の某店舗に発注した商品だけが入っていた。

Screen Shot 2019-02-09 (2)

ふざけたことしやがって。

現時点での事実は…、

楽天市場の某店舗に商品を発注したら、楽天に登録しているメールアドレスに、楽天市場から、「【楽天市場】注文内容ご確認(自動配信メール)」が届いた。

楽天市場の某店舗からは、一切、メールが届かず。

ヤマト運輸のクロネコメンバーズに登録しているメールアドレス宛に、「宅急便お届けのお知らせ【受取りの日時や場所をご指定ください】」というメールが届いた。

メールアドレスは、必要に応じて、使い分けている。(プライベートアドレスとか、楽天用とか、他にもいろいろ。)

荷物の送り状には、「楽天」という文字はなかった。

梱包ダンボールは、無地のもの。

納品書すら入っていなくて、ダンボールの中身は、商品だけ。

さあ、どうしたものか。

世間は、三連休。

連休明けに、行動開始だな。

まだ、全てが終わったということではない。

全てが終わったら、全部、ぶちまける。

ちょっと、日数がかかると思う。

相手のある話だから。
----
(追記)
【楽天市場】問い合わせに、実際に起きたことを、メールフォームにて、連絡した。
----
(追記 2019年2月11日)
楽天市場の購入履歴は、こういう表示になっていた。
20190211r.png

楽天市場を運営している、楽天さんも、三連休だろう。

現時点では、何の回答もない。想定内だが。
----
(追記 2019年2月12日)
「楽天市場お客様サポートセンター」というところから、「【楽天市場】お問い合わせの件について」というタイトルのメールが届いた。
20190212r.png

とんちんかんな内容だ。

「お問い合わせの件、ショップがAmazonを配送会社として利用するフルフィルメントサービスにより
商品の配送を行っていた場合、出荷元が「Amazon」となる場合がございます。」と記載されているが、それならば、発注時点で、店舗から知らされるべき内容。

しかも、「商品お届け時の梱包に「Amazon」のロゴやURLは記載されていましたでしょうか(はい・いいえ)」って、俺が問題視しているのは、そこではない。

店舗からの「受注確認メール」及び、「発送完了メール」も届かず、楽天市場の店舗名からの発送ではなく、Amazonから、勝手に、配達日指定まで付されて発送されたことに対して、不信感がある。

これ、面白いよ。
20190212rr.png

2019年2月9日に、商品を受領しているのに、「お届け予定日:2019年02月11日」だって。

こういうのって、偽装っていうのかな。

楽天市場とのゴタゴタは、しばらく続きそうだ。

納得のできる回答が来るまで、徹底的にやる。

なお、この件が終了するまで、ブログトップページから、楽天アフィリ(楽天市場だけ)の広告を外します。

個々の記事にある商品については、どの記事に張っているのか、確認できないため、そのままにしておきます。
----
(追記 2019年2月13日)
「楽天市場お客様サポートセンター」というところから、「【楽天市場】お問い合わせの件について」というタイトルのメールが届いた。
20190213r.png

まだ終わらないよ。
----
(追記 2019年2月15日)
2019年2月14日、店舗から、初めてメールが届いた。
20190214r.png

あーあ、火に油を注いだようなメールだ。

購入履歴から、商品レビューとショップレビューを記入した。

届いていないメールを、送ったと書いている。

後日、俺が送ったメールと、店舗名を公開する。

でも、まだ、終わっていない。
----
(追記 2019年2月24日)
2019年2月14日、店舗から、初めてメールが届いて以降の、やり取りを公開する。

2019年2月15日、店舗に対し、以下のメールを送信した。
20190215r.png

それに対する店舗からの回答がこれ。
20190215r1.png

嘘がバレているのに、必死で隠そうとする姿勢に呆れ、打ち切りメールを送った。
20190215r2.png

そして、これらのやり取りを、PDF印刷し、楽天市場に報告したところ、2019年2月20日、以下のメールが届いた。
20190220r.png

店舗名は、最新の追記分に、伏字処理していないメール画像がある。

市場内検索で、簡単にわかる。

でも、もったいないよな。

楽天市場で、独占販売しているショップが、こんなレベルって。

楽天市場に限ったことではないが、商品情報だけではなく、ショップレビューや、ショップ運営者を、よく調べてから、発注する必要があるようだ。

残念な話だが。
----
(追記 2019年12月11日)
また、ふざけたことしやがって。

2019年12月11日15時02分、こういうメールが届いてた。
20191211rm.png

--この部分(ここから)--
----------------------------------------------------------------------
このメールはお客様の注文に関する大切なメールです。
お取引が完了するまで保存してください。
----------------------------------------------------------------------
--この部分(ここまで)--

これが、冒頭に差し込まれるメールは、本来なら、店舗からの受注確認メール。

この店舗、過去の購入者のメールアドレスを悪用している。

楽天市場の問い合わせ窓口に、チャットで報告した。

メールでのやり取りだと、日数を要するようで、チャットに誘導された。

そのやり取りがこれ。(10個の画像に分割しています)
20191211c01.png
20191211c02.png
20191211c03.png
20191211c04.png
20191211c05.png
20191211c06.png
20191211c07.png
20191211c08.png
20191211c09.png
20191211c10.png

で、18時07分に届いたメールがこれ。
201912111807rm.png

質の悪いショップもあるもんだ。

今回、こういうことがあったため、記事タイトルの一部を変更しました。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。