Top Page › 「和歌山」です › 「仮歩道」の先は「落とし穴」? 県道160号沖野々森小手穂線の工事現場 2019年1月27日

2019年01月28日(月)04時50分

「仮歩道」の先は「落とし穴」? 県道160号沖野々森小手穂線の工事現場 2019年1月27日

定例記事の撮影時に出掛けた道中で、「仮歩道」の看板を信じて進んだら、掘削中で通れなかった。

こういう状況。
P1270807.jpg

P1270808.jpg

画像撮影時刻は、12時28分。

動画撮影時刻は、13時50分頃。

状況から推測できることは、画像撮影時、昼休み(休憩)時間だったのかも。

でも、通れないのだったら、「仮歩道」の看板の意味がない。

進入できない対応が必要ではなかろうか?

先の記事と隣接している工事現場。

あっちもこっちも、酷いもんだ。

自分から、落とし穴に落ちるようなことはしないけど、「仮歩道」の看板の位置からだと、通れるものと思った。

こんなのばっかり。

工事現場だらけだから、どこがどの工事をやってるのか、全然わからない。

ひとつの動画で、2つの記事が書けるなんて、笑えない。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。