Top Page › 日記 › インターネットが繋がらなくなったという知人の依頼で…

2019年01月27日(日)04時50分

インターネットが繋がらなくなったという知人の依頼で…

普通の人は、「インターネットが繋がらなくなった」と聞けば、直前まで使えていたと思うだろう。

俺も、そう思ってた。

2019年1月25日の夕方に、そういう電話があって、「すぐ来て欲しい」と言われたが、無職の俺でも、即時対応できる訳でもない。

翌日(26日)なら、空いてるから、時間を指定して欲しいと言ったら、11時を指定された。

昼食付きかな?なんて思ったら、大間違い。

熱いお茶を出されただけで、4時間半、対応に追われた。

こんな馬鹿げた話があるんだなと感心したよ。

「インターネットが繋がらなくなった」という話、実は、「NTTの工事業者が設置工事してから、インターネットが繋がらなくなった。」と。

設置工事が行われたのは、数日前だと。

知人曰く、「これでインターネットが使えます」と言って、帰ってしまったと言う。

でも、知人宅にある新品のオールインワンPCでは、インターネット接続できなかった。

これと同じ終端装置(ゲートウェイボックス)は、我が家にもある。
P_20190126_152652_p.jpg

これって、俺に依頼するのではなく、設置した工事業者に確認すべきだろって話。

どんな作業をどこまでやったのかを把握できれば、こっちだって何をすべきかわかる。

知人が、設置業者(NTTの下請け業者)に電話して、俺と替わってもらった。

俗に言うところの、「コラボ光」で、PC接続(プロバイダ設定)の指示がなかったので、終端装置までの設置工事をして、工事業者のモバイルPCで、開通テストを行い、作業終了したとの話。

その際、プロバイダ設定が必要だという説明は、プロバイダ側がすべき話であって、設置工事業者がする話ではない。しかも、「これでインターネットが使えます」という発言もしていないと言う。

言った言わない、聞いた聞いていないというのは、水掛け論になるだけだが、プロバイダ設定を行えば、インターネットにつながると判断できる。

2017年12月に、我が家に光回線が来た時は、無料で、PC接続してくれた。

だから、その説明を聞くまで、そういう契約があることすら知らなかった。

どことは書かないが、知人は、家電量販店で、「コラボ光」の契約をしたと言う。

プロバイダから送られてきた書類に記載されている情報を入力し、インターネットを…?

知人宅のPCでは繋がらない。

俺が持参したサブPCを有線接続すると、問題なくインターネットが使える。

なんじゃこりゃ?

新品のオールインワンPCなのに…?

というか、PCをセットアップした痕跡がない。

まさか…。

そう。

俺の得意技、リカバリを実行。

約30分後、リカバリしたPCは、インターネットブラウザのEdgeで、MSNのトップページを表示していた。

インターネットが、問題なく使える状態になったということ。

リカバリを実行した理由、実は、その部屋に、こんなものが転がっていた。
P1260720.jpg

P1260721.jpg

P1260722.jpg

P1260723.jpg

PCをシャットダウンせずに、以前、契約していた回線業者の機器を撤去し、コラボ光を設置したものと推測した。

知ってる人は知ってる話だが、説明が面倒なので省略する。

要は、過去の回線に絡まれたということだ。

こんな上位モデル、初めて、実物を見た。
27型ワイド デスクトップパソコン(PC)ESPRIMO FHシリーズ(FH-X/C3, FH90/C3, WF2/C3) - FMWORLD.NET(個人) : 富士通パソコン

金持ちだけど、無知という、絶妙なバランスが笑えた。

もうひとつ面白いのは、その知人、息子さんと2人暮らし。

親子とも、大手キャリアのスマホを持っているのに、宅内Wi-Fi(無線LAN)がない。

せっかく、光回線を引いたのに、宅内でも、ギガ消費してる。

俺の知識を教える必要もない。

だって、いろんな作業をしたのに、無償なんだから。

熱いお茶だけでは、提案する気にもならない。

まぁ、家電量販店での手続きの控えすら、見せてもらえず、使えないインターネットを使えるようにした。

当初の依頼は、完了した。

これって、ありえない話。

過去記事にもあるが、知識の無償提供をするつもりはない。

家電量販店での契約が、如何にずさんなものなのか、そして、回収すべき貸与機器を放置している回線事業者。

自称、金持ちなら、専門業者に依頼すれば、有償で対応してくれるだろう。

そろそろ、この知人も、俺には、無用な人のようだ。

時期を見て、使い捨てるほうが良いかもな。

基本的に、依頼者側が、手間賃をくれるというなら、遠慮なく戴く。

でも、「今日は、ありがとう。」という一言だけで、終わった知人の対応は、理解に苦しむ。

俺は、専門業者ではない。

多少の知識があるというだけの底辺人間。

究極の無知で、自称、金持ちというのは、ケチなのか?

とにかく、疲れた。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト