Top Page › 菜園日記 › 今年(2019年)も異常気象? 菜園にあるはずのないものが… 2019年1月21日(追記あり:当初の記事に画像追加)

2019年01月22日(火)

今年(2019年)も異常気象? 菜園にあるはずのないものが… 2019年1月21日(追記あり:当初の記事に画像追加)

近隣の菜園に植わっているもの。
P1210697.jpg

P1210698.jpg

我が家の菜園では、いちごは栽培しない。

近隣の菜園主曰く、この時期に、実がなったのは、初めてとのこと。

見た目に、食用にはならないが、あり得ないことが起きているって。

この時期に出回っているいちごは、ハウス栽培されているもの。

通常、2月の終わりから3月上旬に、マルチがけを行い、収穫できるのは、5月だって。

あり得ないのは、いちごだけではない。

ここからは、我が家の菜園の話。

大根のトウ立ちが、例年に比べて早い。

葉っぱの生え際(中心部)を見たらわかる。
P1220703.jpg

P1220704.jpg

P1220705.jpg

2019年1月21日、地中温を計ってみた。(表面より約20センチ地中)

14時15分頃の空き畝(10℃)
P1210693.jpg

P1210694.jpg

14時15分頃のタマネギの畝(10℃)
P1210695.jpg

P1210696.jpg

16時50分頃の空き畝(8℃)
P1210699.jpg

16時50分頃のタマネギの畝(8℃)
P1210701.jpg

16時50分頃の足元の温度計(9℃)
P1210702.jpg

地中は、「DRY+」という表示だから、乾ききっているようだ。

そりゃそうだろう。

雨が降ってくれないんだもんな。

これ、気象庁のデータ。
和歌山 2019年1月(日ごとの値) 主な要素

2019年1月1日から21日迄、たったの3mmだよ。

このまま、月末まで降らなかったら、ここにランクインするんじゃないかな。
観測史上1~10位の値(1月としての値)の、「月降水量の少ない方から」ってところに。

1月は、年間を通じて、雨量の少ない月だけど、極端に少なすぎる。

その分、他の月に、まとめて降られても困るんだよな。

雨が少ないと、雑草も少ないが、当然、作物の育ちも悪くなる。

暖かい時間帯に、水やりが必要だな。

関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。





モッピー!ポイ活応援ポイントサイト