Top Page › 「和歌山」です › 地域の移り変わり › 軽自動車すら通れなかった堤防道路が… 岡崎排水機場付近 2019年1月(追記あり)

2019年01月21日(月)04時50分

軽自動車すら通れなかった堤防道路が… 岡崎排水機場付近 2019年1月(追記あり)

2017年は田んぼだったのに… 農地転用って簡単にできるんだ… 2018年9月23日(追記あり)の関連。

まさか、こう変わるとは…。

定例記事の撮影で、まさかと思っていた場所が、通れるんじゃないかと。

実際に、走行してみた。

和田川堤防道路(丈夫橋付近から高野橋付近・右岸・上流向き) 2019年1月20日


俺の知る限り、軽自動車が通れるようになるとは、思わなかった。

過去記事にもあるが、造成された土地は、2017年は、田んぼだった。

その土地が、農地転用で、造成され、福祉施設の駐車場となる予定。

現時点では、カラーコーン等で、狭められているが、近い将来、普通車でも通れるようになるのでは?

周辺は、こうなっている。
P1200664.jpg

P1200665.jpg

P1200666.jpg

P1200667.jpg

P1200668.jpg

P1200669.jpg

P1200670.jpg

画像撮影が先で、ドラレコ撮影走行は、数時間後。

ちなみに、ストリートビューはない。

無茶ぶりだろうけど、通れるのと、通れないのとでは、全然違うからな。
----
(追記 2019年1月27日)
アスファルト舗装が終わっていた。
P1270903.jpg

P1270904.jpg

両方向から通ってみた。

軽自動車とコンパクトカークラスなら、難なく通れる。

ただ、水門がコンクリート製なので、運転に自信のない場合は、やめておくほうが良いだろう。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト