Top Page › 「和歌山」です › 2015年9月は綺麗なアスファルト舗装だったのに? 3年でボロボロに…

2018年12月24日(月)04時50分

2015年9月は綺麗なアスファルト舗装だったのに? 3年でボロボロに…

これは、手抜き工事ではない。

アスファルト舗装をボロボロにして、元通りに復旧しなかった施工業者がある。

ボロボロになることがわかってて、発注した県にも、責任の一端はある。

2015年9月28日の記事(長期間通行止だった交通センター裏の和田川堤防が…)の時、綺麗だった。

それが、今(2018年12月23日)では、こうだ。
PC233030.jpg

PC233031.jpg

PC233032.jpg

PC233033.jpg

PC233034.jpg

PC233035.jpg

PC233036.jpg

PC233039.jpg

これは、高野橋より南側。
PC233040.jpg

どこの施工業者が、こんなふうにしてしまったのかは、このブログの記事にある。

高野橋より北側は、今のところ、四輪車は、通り抜けができない。

岡崎排水機場には行けるが、堤防道路のアスファルト舗装をボロボロにするような車両は、通らない。

どこで、どんな忖度が行われたのか知らないが、税金の無駄遣いとしか思えない。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト