Top Page › 日記 › 「俺のケータイ」と「我が家のネット回線」事情 › 俺のスマホ 2018年(年間)の利用料金は実質0円だった 2018年12月

2018年12月10日(月)04時50分

俺のスマホ 2018年(年間)の利用料金は実質0円だった 2018年12月

月ごとの金額はこうだ。
2018120902.png

請求年月が、2018年11月になっているが、実際に、ポイントが引かれたのは、2018年12月7日。
2018120903.png

つまり、年間の利用料が、確定したということになる。

月によって、異なるが、毎月1,000ポイント程度は、様々なサービスでもらえる。

ということは、実質0円だったということ。

ちなみに、2017年5月のドコモから楽天モバイルへの移行以降、契約事務手数料も含めて、ずっと実質0円で使えている。

他社の格安スマホには、魅力的なプランがあるが、俺の使い方で、実質0円という方法は、楽天モバイルしかできないこと。

ただ、2018年は、楽天モバイルで機種変更した。

端末代金は、税込19,245円。

大手通信事業者のような、端末代金の月々サポートのようなものはないが、安価で入手できた。

過去記事にもあるが、俺のスマホって、ゲームをしたり、音楽を聴いたり、動画を視聴することはない。

PC(と共有している)メールの送受信や、気象情報アプリ、情報入手のためのRSSアプリ、ポイントカードアプリ程度しか使わない。

楽天モバイルで機種変更した端末には、楽天の各種サービスのアプリがプリインストールされているが、オールリセット(初期化)することで、消すことができる。

機種変更する前のスマホは、3年5ヶ月で、寿命を迎えたが、買取専門業者が、実質1,700円で買い取ってくれた。

今のスマホの耐久性が、どうなのか知らないが、仮に3年使えたら、1ヶ月あたり、535円の負担という計算になる。

Wi-Fi環境下ではない場所で、通信速度に拘らなければ、こういうので充分、事足りる。

端末価格が、25,000円を超えるなら、正直、諦めるつもりだった。

禁煙に成功しても、収入が激減しているのだから、どうしようもない。

楽天モバイルの決済日って、バラバラなんだな。

楽天カード等のクレジットカード払いだと、所定の引き落とし日ということになるけれど、楽天銀行デビットカードやポイント支払いだと、5日の月もあれば、10日の月もある。

決済日を決めてくれたら、ありがたいのだが。

通話専用端末のガラホは、ちゃんとした回線が必要だから、ドコモを使っているが、実質、ドコモの料金だけで、ガラホとスマホが使えているということだ。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト