Top Page › 日記 › 海草振興局建設部の監督員 20件以上の工事を抱えてるって?

2018年11月27日(火)04時45分

海草振興局建設部の監督員 20件以上の工事を抱えてるって?

事実なら、抱え込み過ぎだろう。

県職員に確認した話ではない。

安全管理が不十分だから、危険箇所を、どうにかできないかと、直談判に行くという話を聞き、同行した。

直談判なんてのは、一人で行くより、複数で行くほうが、効果はある。

どことは書かないが、本来、工事現場には、現場代理人が居る。

ところが、「今日は休んでいます」と。

「県の担当者(監督員)が、誰か、知ってます?」と尋ねたら、「下請けの応援(孫請け?)なので、詳しいことはわかりません。ただ、20件以上の工事を受け持ってて、約束の時間に来なかったりすることが多く、その分、工事が遅れていき、結果、住民の方々に、ご迷惑を…」との話。

要望は、現場代理人に伝えてくれるとのことで、後日、若干の改善は行われたが、供用開始時期が迫っていると、何もかもが疎かになっていく。

結果、悪循環なんだよな。

今回の件とは違うが、吉礼工区も、似たような話があった。

「設計変更ばかりで、工事が間に合わないから、休日に…」という職人さんが居た。

海草振興局建設部って、遠いよな。

過去記事にもあるが、移転の話も、遅れている。

遠く離れた20件なのか、ある程度、固まった地域の20件なのか知らないが、大丈夫なんだろうか。

事実、安全管理という面では、徹底できていないのは、今に始まったことではない。

有田振興局の事件の監督員は、どうだったんだろう。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト