もうすぐ50代、和歌山底辺ブログ

「意見には、個人差があります…」 前科ありの社会不適合者です。斜めに生きつつ、底辺から眺める世界を記事に…。

TOP >  菜園日記 >  2018年9月の台風での落木処理がやっと… 2018年10月30日(追記あり)

2018年9月の台風での落木処理がやっと… 2018年10月30日(追記あり)

一般的に、野焼きは禁止されている。

しかし、焼却処理しなければ、引き取ってくれる所はない。

暴風で折れた大木の枝は、ノコギリでは簡単に切断できない。

外部からの持ち込みはないが、菜園や竹林に落下した枝葉が、次々と。
PA300417.jpg

PA300418.jpg

PA300419.jpg

PA300420.jpg

枯れた竹を敷き詰め、大木の枝葉を載せ、焼却するのだが、生木は、簡単には燃えてくれない。

ほぼ連日、普段の野良仕事の合間に、こういう作業をしていたのだが、やっと終わりが見えてきた。

それにしても、手間のかかる作業だよ、まったく。
----
(追記 2018年10月31日)
大半が燃え尽きた。
PA310587.jpg


関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

今、あなたにオススメの記事