Top Page › 備忘録 › YouTubeで収益を得ることが不可能になることが確定した 2018年1月17日(追記あり)

2018年01月18日(木)06時00分

YouTubeで収益を得ることが不可能になることが確定した 2018年1月17日(追記あり)

過去記事にも書いたが、YouTubeからの肝心な通知は、日本語で送ってくれと言いたい。

昨日(2018年1月17日)、こういうメールが届いた。
2018011701.png

これを、Google翻訳したのがこれ。
--
今日、YouTubeパートナープログラム(YPP)の変更をお知らせします。できるだけ多くのチャンネルにYPPをオープンにするという目標は残っていますが、YouTubeの生態系全体でクリエイターの収益を保護するために、より安全な手段が必要であると認識しています。

変化するもの
今日発表された新たな資格要件の下で、あなたのYouTubeチャンネルである和歌山ろくでない人間は、過去12ヶ月以内に視聴時間が4000時間、1,000人の新しい視聴者数に達しないため、収益受け取り対象になりません。その結果、今後30日間でこの上限を超えない限り、チャンネルは2018年2月20日にYouTubeパートナープログラムに関連付けられているすべての収益化ツールと機能にアクセスできなくなります。したがって、このメールは、YouTubeパートナープログラムの利用規約が終了してから30日以内に通知されます。
YouTubeの重要な価値の1つは、誰もが盛んなチャンネルから収益を得る機会を提供することです。この新しい基準にまだ達していないクリエイターは、クリエイターアカデミー、ヘルプセンター、クリエイターサイトのすべてのリソースを活用してチャンネルを拡大することができます。チャンネルが新しいしきい値に達すると、チャンネルがGoogleのポリシーとガイドラインに準拠しているかどうかを確認し、そうであれば収益受け取りを再度有効にします。
--
メール本文中の、リンク先は、このページ。
YouTube Creator Blog: Additional Changes to the YouTube Partner Program (YPP) to Better Protect Creators(英語)

YouTube パートナー プログラムの概要 - YouTube ヘルプ(日本語)

「過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間以上、チャンネル登録者数が 1,000 人以上であることが必要」ということだが、俺のチャンネルの管理画面がこれ。
2018011702.png

過去365日間の再生時間は、939,360分(=15,656時間)だが、チャンネル登録者数は、397人。(現時点でのチャンネル登録者数は、約500人。)

つまり、2018年2月20日以降は、収益化できなくなることが確定した。

俺の年収の全ては、YouTubeの収益と、それに関連したGoogle AdSenseによるもの。

すなわち、収入源が、完全に絶たれたということになる。

底辺の足掻きだろうが、最近のYouTubeを視聴して、思うことがある。

俺がYouTube動画を視聴するのは、レクチャー系。

再生していると、所々に、挿入される広告が、毎回、同じ広告。なんたら自動車保険ばかり。

流石に、見飽きたよ。

違う広告はないの?と言いたい。

YouTuberとして、本業で喰ってる人には、全く、影響はないだろうけど、俺はともかく、副業で小遣い稼ぎしていた人には、少なからず影響はあるだろう。

猶予期間の1ヶ月間に、あと600人ちょっとのチャンネル登録者数を増やすような、無駄な努力はしない。

視聴したい人(動画公開通知の必要な人)が、登録すべきであって、おかしなことをすれば、本末転倒ってことになりかねない。

まぁ、収益化できなくなっても、チャンネル自体が剥奪されるということではない。

元々、ブログ記事の付加価値的なものとして、利用していたものが、何の条件もなく、収益化できていただけのこと。

Google AdSenseの広告単価も下落し続けているのも事実。

地域密着型のポータルサイトの運営者も、Google AdSenseからの振込が最盛期の3割程度になったと言ってたから。

Google AdSenseだけに限った話ではないが、中途半端に、アフィリエイトで喰っていくという時代じゃなくなったということだろう。

これ、画像です。
2018011703.png

ブログのどこかに張っていた、YouTubeのチャンネル登録ボタンを撤去した。

収入にならんものは、撤去するに限る。

そのうち、Google AdSenseの広告もなくなるかもな。

その前に、ブログがなくなったりして…(笑)
--
(参考)----
(追記 2020年9月9日)
こんなメールが届いた。

不親切なメールで、メールソフトでキャプチャできない(途切れる)ので、PDF印刷したものを、画像化。
20200909m1.png

20200909m2.png
--
限定公開チャンネル

このメールは、お客様のチャンネルが YPP の利用資格要件を満たした際に再度 YPP の利用規約に同意していただく必要があるということをお知らせするものです。YPP のお申し込み手続き、チャンネルの総再生時間、チャンネル登録者数に影響はありません。

以前、お客様には YouTube パートナー プログラム(YPP)に関する YouTube との契約条件についてご署名いただきました。これまで、クリエイターの皆様は YPP の利用資格要件を満たす前に YPP の利用規約に事前にご署名いただけました。このプロセスがその後変更されました。YouTube の記録によると、お客様のチャンネルは YPP の参加に必要な既存の要件をまだ満たしていません。30 日経ってもお客様のチャンネルが YPP の利用資格要件を満たしていない場合は、契約が無効になります。

しかし、ご心配は不要です。YPP の利用資格要件を満たせば、数回クリックするだけで、通常のお手続きにてお申し込みいただけます(なお、達成状況につきましては YouTube Studio の [収益受け取り] タブでいつでもご確認いただけます)。

チャンネルへの影響

お客様のチャンネルへの影響はございません。変更された点は、お客様が利用資格要件を満たした際に再度 YPP の利用規約に同意していただく必要があるということだけです。YouTube の使用方法や利便性も変わりません。視聴者の拡大、コミュニティの構築、動画の管理を行うことができるクリエイター機能を引き続きすべてご利用いただけます。次の操作が可能です。

●動画をアップロード、編集、削除する
●コメントの閲覧、返信、管理を行う
●YouTube アナリティクスでチャンネルのパフォーマンスを分析する
クリエイター アカデミーで、おすすめの方法と戦略に関するアドバイスを確認する
●YouTube ヘルプ フォーラムで他のクリエイターと交流する


YouTube コミュニティにご参加いただきありがとうございます。今後の YPP へのお申し込みをお待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。
YouTube チーム
--
だってさ。

日本語で、メールが届いても、一部のリンク先は、英語表示になっている。

当初の記事の頃は、全ての動画を公開していたが、今は、全ての動画が、限定公開。

ブログに埋め込んでいる動画しか、視聴することはできない。

チャンネル登録しようが、しまいが、チャンネルから視聴できる動画は、1本もない。

収益化できなくなった時に、使い方を改め、その後、改良し、見た目に、何もないチャンネルにした。

でも、ブログ記事に必要な動画は、個々の記事や、一覧記事から、視聴できる。

余談だが、チャンネル登録者数って、視聴できない状態なのに、減らないのね。

未だに、600人ちょっとも居る。
20200909y.png

当初の記事時点で、515人だったから、増えてるんだよな。

公開動画というものが存在しないから、総再生時間は、これからも増えることはない。

関連記事

※記事の内容は、公開当時の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。

モッピー!ポイ活応援ポイントサイト