Top Page › 日記 › 御年80歳で携帯電話を解約した爺さんの話
2017年05月04日(木)10時04分

御年80歳で携帯電話を解約した爺さんの話

我が家の家庭菜園、菜園部分だけなら、放置菜園も含めて、約10軒の集合体みたいなもの。

区割りがあって、面積の広いところもあれば、狭いところもある。

その菜園に御年80歳という爺さんが居る。

元気な爺さんだ。

先日、その爺さんが言ってた。

携帯電話を誤って落として壊れたので、買った店(おそらくキャリアショップ)に持って行ったら、修理受付期限の超えたもので修理に出せないし、保険にも入ってないから、買い換えるしかないと言われたらしい。

しかし、店の人が勧めたのは、高齢者向けのガラケーではなく、爺さん曰く「かまぼこの板より一回り大きなもの」(おそらく高齢者向けのスマホ)だったという。

しかも、「最初は戸惑うかもしれないが、慣れたら難しくない」と言われ、実際に(デモ機と思う)触ってみたが、無理だと思ったようで、それなら、もう要らないと言ったら、「今、解約されると違約金(おそらく2年縛り)が発生する」と言われたが、訳の分からない物に金を使うのはもったいないと言って、解約したという。

「じゃあ、もう携帯電話は持ってないの?」と尋ねたら、「年寄りやと思って(実際そうだろう)あんなもん買わされるんやったら、要らん。昔は、あんなもんなかったんや。(確かにそうだ)」

「携帯電話を持ってた時は、電話以外に何か(メールとか)使ってたの?」と尋ねたら、「電話だけや、それもかかってくるだけ、嫁さんから。」だって。

言い方は間違ってるかも知れないが、「爺さんの迷子札」みたいなものだったんだろう。

「家に電話がある。(一般加入電話)、子(息子さんは別居)もおらんし、嫁と2人だけや。」だって。

この爺さん、運転免許を持っている。俺の両親もそうだが、昔は、普通免許を取得すれば、自動的に大型自動二輪も付いてきた時代がある。

今、普通免許を取得すれば、車両総重量3.5t未満の車両しか運転できない。原付免許は付いてくるのかな。

俺は、18歳の時に、自動車学校に通うために、原付免許を先に取得し、普通免許を取得した。

免許証の条件欄には、「中型車は中型車(8t)に限る」と記載されている。

制度がコロコロ変わるのでよくわからない。

で、爺さん、運転免許は、返納しないという。

大型自動二輪なんか、乗ったこともないが、50ccのカブがなければ、買い物にも病院にも行けなくなるという。

確かに、不便な地域だよな。

高齢者の事故が多発しているので、「事故、起こしたらあかんよ」と言ったら、「大丈夫や、運転には自信がある。」だって。

その言葉が、一番、危険なんだけどな。

話は逸れたが、こういうことで、客を失うんだよ。

少子高齢化、高齢者に、スマホを勧めて、解約されるようなキャリアショップじゃあ、話にならん。

関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。