Top Page › 地域の移り変わり › 和歌山南スマートIC予定地付近に「淺沼組」さんの看板が…(追記あり)
2017年02月19日(日)22時15分

和歌山南スマートIC予定地付近に「淺沼組」さんの看板が…(追記あり)

P2190113.jpg

P2190115.jpg

P2190116.jpg

中堅ゼネコンの淺沼組さんの「工事車両出入口」という看板が、設置されていた。

和歌山南スマートインターチェンジの入札の開札日は、3月3日と聞いていたが、もう決まってるのか?

西日本高速道路の人から聞いた話だったが、これは一体…?

この関連工事で、和歌山県発注分には、淺沼組さんの落札工事は見当たらなかった。

メイン看板が見当たらないので、何の工事なのか、さっぱりわからない。

インターチェンジやジャンクション工事は、大手か中堅ゼネコンなんだよな。

そのうち、わかるかな。
----
(追記 2017年2月20日)
なんてこったい。

「阪和自動車道 和歌山南スマートインターチェンジ工事」は、2016年7月29日に開札され、本体工事は、「淺沼組」さんが、ウン十億円で単体落札されていたとのこと。

で、2017年3月3日に開札される工事は、阪和自動車道の上部橋の工事とのこと。

今後、舗装工事と標識工事と料金所の設備工事は、別途、発注されるとのこと。全部で5件だな。

和歌山の事務所に聞いたら、ロクな情報が出ない。

本社しか機能していないんじゃないか。

現場事務所も、これから設置されるとのこと。

ちなみに、工期は、2019年2月迄。

2年もあると考えるべきだろうか、それとも、2年しかないと考えるべきだろうか。

発注時の入札公告
https://megalodon.jp/ref/2018-1209-2141-34/https://corp.w-nexco.co.jp:443/procurement/tender/construction_kansai/pdfs/h28/0420/01.pdf
関連記事

※記事の内容は、公開(または追記)時点の内容となっておりますので. 閲覧時の内容等とは異なる場合があります。 ご了承ください。